「半沢直樹」放送延期のワケを製作陣が明かす 「大変だったんです…」

「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー'20/第26回AMDアワード」でドラマ『半沢直樹』が二冠を達成。主演の堺雅人らが撮影の裏側について明かした。

堺雅人

ドラマ『半沢直樹』(TBS系)が21日、東京・日比谷で行われた「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー’20/第26回AMDアワード」で「優秀賞」「AMD理事長賞」の二冠に輝いた。



 

■「総合視聴率」44.1%

堺雅人

TBSの日曜劇場『半沢直樹』は、新型コロナウイルス感染拡大により放送スケジュールが大幅に後ろ倒しに。制作も困難な状況の中、前作(2013年)よりさらにスケールアップした内容で2020年7月〜9日に放送となった。

制作が間に合わず放送延期になった回もあったが、蓋を開けてみれば、リアルタイム視聴率とタイムシフト視聴率の合計である「総合視聴率」はピーク時44.1%と大ブレイク。数値が40%を上回るのはビデオリサーチが調査を開始して以降史上初のことだった。


関連記事:日本テレビ『スッキリ』で半沢直樹の特集始まり… 「これ大丈夫?」と視聴者衝撃

 

■歌舞伎俳優たちによる“顔芸”

堺雅人

同作は主演の堺雅人をはじめ、片岡愛之助、柄本明、市川猿之助、香川照之、北大路欣也、賀来賢人、江口のりこと、ベテランから若手まで実力派俳優がキャストを務めた。

毎週名言や、歌舞伎俳優たちの圧倒的演技力による“顔芸”が飛び出し、話題を集め続けたことは記憶にも新しい。

次ページ
■放送延期の理由

→Amazonプライム会員だけが参加できる! 年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

TBS堺雅人半沢直樹AMDアワードデジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー福澤克雄
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング