ご近所トラブルでキレた隣人が深夜の嫌がらせ 自業自得で指を失う悲劇に

誰かを苦しめようとして、それが跳ね返り自分が泣くことに。被害女性は「まさにカルマです」と話している。

社会

2021/04/23 11:30

指・手・男性
(towfiqu ahamed/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

アメリカ・アリゾナ州のマリコパ郡に暮らすフランセスカ・ワイコフさんという元消防士の女性が、ご近所トラブルに端を発したある事件に巻き込まれてしまった。地元メディアの『KCTV-5』『Pinal Central』などが伝え、「これは不快だ」と話題になっている。



 

■酒に酔った隣人と口論

今月14日の夜、酒に酔った隣人男性と口論になったというフランセスカさんと夫。そして翌朝、自宅を出て愛車のGMCユーコンに乗ろうとした際、前後のタイヤ2本がパンクさせられていることに気づいた。

地面には、ポタポタと落ちたとみられる血痕が付着。おまけにタイヤのすぐ脇には、鋭利な刃物でスパッと切断されたらしき人の指まで落ちていたという。


関連記事:隣人トラブルがメッタ刺し事件に 重い障害を負った被害者の母が激怒

 

■冷静に通報

フランセスカさんは、救急救命士の資格を持つ元消防士。血なまぐさい光景は見慣れているため冷静さを保っていたが、そうでなければ絶叫し、あるいは気絶するかもしれない状況だった。

血痕をたどると隣家の玄関に続いていたため、彼女は911番に通報する際、前日に隣人とトラブルがあったこと、夜10時半頃に絶叫する男の声が聞こえてきたことについても言及している。

次ページ
■切断した指は断念か

この記事の画像(1枚)