鉄板料理の「ファイアー!」で事故 顔に大やけどを負った女性客が店を提訴へ

治療費はすでに270万円を超えている。無保険の彼女は、その全額を支払わなければならないという。

社会

2021/04/24 10:00

鉄板料理鉄板料理
(Elen Marlen/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

熱々の鉄板料理は、目の前で炎が上がる「ファイアー!」の演出も大人気だ。だが、客にやけどを負わせるようではしゃれにならない。メキシコの有名な観光地で起きた事故の話題を、イギリスのメディア『Mirror』『Mail Online』などが報じている。



 

■友人数名で旅行

メキシコの美しいビーチリゾートで、世界遺産のチチェン・イッツァを訪れる人々が宿泊することでも栄えたカンクン。

事故は今月4日、カンクン市内のプラザ・デ・トロス・カンクン(Plaza de Toros Cancún)に入っている、グリル&バー『ラス・デ・グアナトス(Las de Guanatos)』で起きた。

被害にあったのは、アメリカ・メリーランド州出身の女子学生マリッサ・ダニエルさん(26)。友人数名と観光でカンクンを訪れていた。


関連記事:「隣人を救うため命をかけた」と英雄を装った男 正体は放火犯と判明

 

■最後のディナーで悲劇

旅の最後のディナーに『ラス・デ・グアナトス』を選び、グリル料理を注文したマリッサさん一行。それはジュージューと音を立てながら、鉄製の大型のステーキ皿で運ばれてきた。

1名の皿に強いアルコール飲料が注がれ、炎が上がる演出が行われたが、あまりの勢いの良さに友人がやけどしそうになり、左手でかばったマリッサさんの服の袖に炎が引火。続いて彼女の鉄板も燃え広がり、炎は彼女の顔を覆った。

次ページ
■無保険だった女性

この記事の画像(1枚)