魚介類を3倍美味しくする『ブルギニヨンバター』が最高 フランスでは常識の味とは

カルディでも売られていたブルギニヨンバター、作り方を覚えておくと自炊が楽しくなる。

グルメ

2021/04/24 08:30

緊急事態宣言が解除されても、いまだ新型コロナウイルスの影響で外食はせず、自炊で生活している人はかなり多い。


画像をもっと見る

 

■ブルギニヨンバター

記者もそんな中の1人なのだが、自炊をよくする人は覚えておくと良い調味料がある。それは、フランス・ブルゴーニュで生まれた『ブルギニヨンバター』。

カルディコーヒーなどでも売られていたものだが、ホイップしたバターとエシャロット(もしくは玉ねぎ)、ニンニクと塩コショウを混ぜるだけで、誰でも簡単に作ることができる。


関連記事:はま寿司「北海魚介の塩ラーメン」に衝撃 専門店と遜色ないレベルだと確信した

 

■さまざまな魚介に合う

ブルゴーニュではエスカルゴにのせて食べるのがメインの使い方だが、日本ではあまりエスカルゴを食べないので、魚介と合わせるとその真価が発揮される。たとえばフライパンで加熱してから、小イカを投入して炒めるだけで…

イカのブルギニヨンバター炒めの完成。ガーリックの風味とバターのまろやかさがいかの美味しさを引き立て、バター醤油とはまた違った味が楽しめる。

次ページ
■貝のワイン蒸しは相性最高

この記事の画像(7枚)