『バイキング』神奈川へ遊びに来た学生 “まさかの一言”に考えさせられる

25日から、東京都など4都府県に緊急事態宣言が発令されているのだが… ネット上でも考えさせられる反応が目立っている。

テレビ

2021/04/26 17:00

坂上忍

26日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)では、緊急事態宣言発出前後での、首都圏の人手の変化などについて報道。番組の取材に応じた学生たちからの返答が、波紋を広げている。



 

■「知らなかった」という学生も

首都圏では、25日から東京都に緊急事態宣言が発令され、隣接する神奈川県などに人が殺到し、鎌倉などの観光スポットが他県から来た観光客でごった返す映像なども放送された。

他県に出かけたという人の中には「緊急事態宣言の発令が急で、宿のキャンセルができなかったから…」という声や、埼玉から神奈川まで遊びに来ていたという学生のカップルからは「宣言が今日からと知らなかった。SNSなど若者が使うツールでも発信してほしい」という声が。


関連記事:『バイキング』緊急事態宣言を再発出すべき? 坂上忍は「効果はあるかどうか…」

 

■坂上忍「関心が薄れてきている」

伊藤利尋アナウンサーによると、取材をする中で「緊急事態宣言が25日から発出されていると知らなかった」と答えた人は決して少なくなかったそう。

こうした事態に、坂上忍は「日常的にコロナに対する関心が薄れてきている気はしますよね」とコメント。菅義偉首相のメッセージがしっかりと国民に届いていないという点も指摘する。

続けて、高橋真麻は「(関心のない人は)本当にコロナのニュースが目に触れないこともあるかもしれない。とくに若い方たちには、インフルエンサー的な方を使って呼びかけたり、路上飲酒に対しても、『ダメだよ』という注意の仕方ではダメだと思う」とも私見を述べた。

次ページ
■ネットでも波紋広がる