7歳の小学生女児が同級生に髪を切られる事件発生 父親が学校に苦情を申し立て

その危険な計画を、担任の教師や図書館の司書教諭は知っていた。だが止めようとはしなかった。

2021/04/27 08:30

ハサミ・髪・髪の毛・少女
(vadiar/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

このほどアメリカのある小学校で、7歳の女子児童が同級生にバッサリと髪の毛を切られる被害にあった。恐怖と悲しみで、涙をこぼしながら帰宅したことを『NBC News』『The Sun』ほか海外メディアが報じている。



 

■同級生に髪を切られる

事件は、アメリカ・ミシガン州イザベラ郡のマウント・プレザント市にある、公立のガニアード小学校で起きた。3月24日午後、スクールバスで帰宅したジャーニー・ホフマイヤーちゃん(7)は、ボロボロと涙を流しながら父親のジミーさんの胸に飛び込んだ。

三人姉妹の次女で、天然パーマのロングヘアがお気に入りだったジャーニーちゃん。その髪の毛がバッサリとカットされていることに、ジミーさんもすぐ気づいたという。


関連記事:モンペか賢母か? 授業中の私語で口にテープを貼られた児童の親が激怒

 

■大人2名が加担

ジャーニーちゃんは、「同級生の子が教卓にあったハサミで、私の髪を切ったの」と説明。ジミーさんが「子供が誰かの髪の毛を切るなんて、危ないからやってはならないよ」と話したところ、「でも先生もいた」と答えた。

担任教師が「不ぞろいの部分を目立たなくさせたほうがいい」と助言し、図書館の司書教諭も手を加えていたというのだ。結果としてジャーニーちゃんの髪は片方だけが特に短くなってしまい、2日後には美容院で全体的にカットしてもらったという。

次ページ
■「誠実さに欠ける」と父親

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

アメリカ小学校同級生転校髪の毛教育委員会ハサミ危険行為翻訳記事集団リンチ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング