地下空間で遭遇したコロナ対策 凄まじい臨場感に本州からどよめき相次ぐ

本土とは異なる文化や気候がしばしば話題に上がる北海道。ソーシャルディスタンスの呼びかけも一風変わっているようで…。

2021/04/28 05:45

札幌市

新型コロナウイルスへの対策として、広く呼びかけられているのがソーシャルディスタンスの維持および確保。現在ツイッター上では、なんとも臨場感のあるソーシャルディスタンスが注目を集めていることを知っているだろうか。


画像をもっと見る

 

■これは何とも立派な…

話題を呼んだのは、ツイッターユーザー・えせさんが25日に投稿した一件のツイート。

「北海道のソーシャルディスタンスは臨場感があるな」とつづられた投稿にはバナーの写真が添えられており、そこには屈強なヒグマの姿が。さらに「ヒグマの体長 約2メートル」と、一風変わったソーシャルディスタンスの呼びかけが確認できた。


関連記事:和地つかさが園児服でヤギの睾丸を実食? 「連呼だけでも見る価値ある」

 

■「2mでも危なすぎる…」と反響相次ぐ

ソーシャルディスタンスの目安としてよく挙げられる「2m」という距離感だが、確かに「ヒグマ」を例に出されると臨場感が急増してこないだろうか。

札幌市
(画像提供:えせさん)

こちらの投稿に対し、他のユーザーからは「ヒグマ相手では2mでも危なすぎる…」「もっとディスタンスすべきですね」「さすがは北海道!」といった驚きの声が続出してい。

そこで今回はこちらのバナーを目撃したえせさんと、制作元の「札幌駅前通まちづくり株式会社」に取材を敢行。するとヒグマに負けず劣らずのインパクトを秘めた、別タイプのバナーが存在することが明らかになった。

次ページ
■貼り出されたのは「最近」と思いきや…

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

ツイッター北海道札幌話題ヒグマソーシャルディスタンス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング