マツコがご長寿猿の生き様に放った一言 「わかる」「本当に大事」と共感拡がる

人生において「面倒に関わらない」ことは大事? ご長寿猿を見たマツコのコメントに視聴者が共感。

テレビ

2021/04/28 03:10

マツコ・デラックス

27日放送の『マツコの知らない世界』(TBS系)で、番組後半に「動物園の世界」を特集。企画中、紹介された「ご長寿猿」にマツコ・デラックスが放った言葉が、視聴者の共感を呼んでいる。



 

■動物園の世界

有識者として登場したのは、年170回動物園に通い、タレントの加藤諒とも仲が良いという野崎浩貴氏。企画中、様々な動物園の魅力を語る中で、「仙人感がスゴい! ご長寿動物13選」と全国の長寿動物を紹介した。

その中で登場したのは、京都市動物園で飼育されており、平均寿命の倍以上生きているという世界最高齢のアカゲザル・イソコ。画像のイソコが桜の枝を持っているのを見ると、マツコは「風情のあるお婆ちゃんね。ちゃんと季節の花を持って」といきなりその佇まいを称賛する。


関連記事:マツコ、夜型人間の苦悩を切実に語る SNSでは共感が続出

 

■人間さながらの深みがある猿

イソコは高齢の猿が集められた「老猿ホーム」とも言うべき環境で飼育されており、人間さながらの深みを持っている模様。その長寿の秘訣についても、野崎氏は「面倒なことには関わらない」とまるで人間のような理由をフリップで解説する。

すると、これを見たマツコは「大事! 大事ですよ、えぇ…」と即答。「群れの中で順位があったりケンカもあるんですけど、イソコはケンカになるべく関わらなかったりとか、相手が怒る前に毛づくろいしたりとか」との解説にも、感心するように深くうなずいていった。

次ページ
■その後もしみじみと…