知人のSNSを見つけてもフォローせず… 約3割のユーザーがしていること

その投稿、身近な誰かがこっそり見ているかも…? SNSに投稿する内容には改めて注意したいと思わせる調査データ。

話題

2021/04/30 05:30

スマホ依存
(KEN226/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

SNSは、離れている人とも繋がることができる便利なツールである一方、対面でのコミュニケーションとはまた違った難しさもあり、ときにトラブルになってしまう場合も。

しらべぇ編集部が行なった調査から、知人のSNSアカウントを見つけても、あえてフォローしない人たちが一定数いることが判明した。



 

■知人のSNSをフォローせずこっそり見る

しらべぇ編集部が全国の20代~60代男女SNSユーザー660名を対象に調査を実施したところ、全体で30.8%の人が「知人のSNSをフォローせずこっそり見た経験がある」と回答。

SNSフォローせずこっそり見る

年代別では、20代と30代がともに4割を超える高い割合に。SNSを頻繁に使う世代では、決して珍しくないSNS上での距離のとり方なのかもしれない。


関連記事:10代女性の6割が「SNSは鍵アカウント」 トラブルを避けるために

 

■気になる人をこっそりリサーチ?

「フォローせずにこっそり見ている」と回答した人の意見で目立ったのは、「気になる人のSNSを発見した場合」。

恋人の有無や既婚・未婚などをリサーチするために検索したという人や、20代女性・Aさんは「『知り合いかも?』みたいなところに、昔付き合っていた人とか、それほど仲が良いわけではなかった同級生とかが出てくると、フォローはしないけれど『今は何してるんだろう?』と気になって、つい見に行ってしまうことがよくある」と話す。


■「裏アカを発見したので…」

別の20代女性・Bさんは「職場のごく親しい人たちとはお互いフォローしているのですが、あるとき裏アカを発見してしまって。自分の悪口を言われていないか不安で、フォローせずチェックするようになってしまった」という。

ちなみに、しらべぇ編集部が10代~60代のSNSユーザー1,208名を対象に実施した別の調査では、全体で28.6%のユーザーが「裏アカウントを持っている」と答えている。

「どうせ誰も見ていない」という考えはとても危険。個人が特定されるような写真や映像も然り、感情的になって1度投稿してしまったものは、完全に消去することは難しい。思わぬトラブルを招いてしまうことのないよう、要注意だ。

・合わせて読みたい→30代男性の3割が芸能人のSNSに書き込み経験あり 「好きなアイドルに返信」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代のSNSを利用している男女660名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)