鈴木亮平、『TOKYO MER』で危険な現場に飛び込む“スーパー救命救急医”に

鈴木亮平が7月クールのTBS系『TOKYO MER~走る緊急救命室~』に主演。危険な現場で闘う救命救急医を熱く演じる。

テレビ

2021/04/30 04:00

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』
(©TBS)

俳優・鈴木亮平が、7月スタートのTBS系日曜劇場『TOKYO MER(トーキョー エムイーアール)~走る緊急救命室~』(日曜・午後9時)に主演することになった。



 

■勇敢な救命救急医の姿を描く

同ドラマは、東京都知事の指示で新設された救命救急のプロフェッショナルチーム「TOKYO MER」を舞台に、自らの危険を顧みずに危険な現場で飛び込んでいく勇敢な救命救急医らの姿を描くストーリーだ。

チームは“一人も死者を出さないこと”をミッションとして課され、最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車両「ERカー」で危険な事故や災害、事件の現場に駆けつけて、負傷者にいち早く救命処置を施す。


関連記事:モデルナワクチン接種4日後に30代米女性が死亡 アナフィラキシーの1割は重篤化

 

■満を持して「日曜劇場」初主演

鈴木が演じるのは、TOKYO MERのリーダーで、驚異的な救命の技術を持つスーパー救命救急医・喜多見幸太。

「待っているだけじゃ、救えない命がある」という強い信念を持ち、どれほど危険な現場であろうと駆けつける。その壮絶な覚悟と救命への執念の裏に隠された過去も劇中の見どころとなりそうだ。

鈴木といえば、過去の日曜劇場枠で放送された『天皇の料理番』(2015年)での20kgもの減量や、昨年1月クールの『テセウスの船』での過去と現在の演じ分けなど、役作りや演技力が毎回大きな話題になっており、今回は満を持して日曜劇場初主演を務めることに。

今作でも、本格的な救命医療をリアルに再現すべく、専門的で高度なオペのシーンに挑戦する。

次ページ
■現役救急医が「理想の医療」

この記事の画像(2枚)