電子マネーでの返金はアリ? 現金派の千秋は「みんなから嫌な顔をされる」

急速なデジタル化についていけていない「デジタル苦手さん」。千秋のコメントに共感の声。

テレビ

2021/04/30 16:50

千秋
(写真提供:JP News)

30日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)では、デジタル機器が苦手な「デジタル苦手さん」のあるあるについて紹介。電子マネーに関して議論する中、タレント・千秋のコメントに、視聴者からの共感する声があがった。



 

■急速なデジタル化についていけない人たち

スマートフォンや電子マネーの普及だけでなく、コロナ禍でオンライン会議の増加により、ZoomやSkypeの利用が急増。「AirDrop」や「Bluetooth」など、「デジタル苦手さん」からするとあまり聞き慣れないワードも飛び交い、困ることも多いのでは。

番組が街頭インタビューを行なったところ、「添付ファイルが開けず、仕事で困ることが多い」「最近、ようやくLINE電話にでられるようになった」といった声も上がった。


関連記事:60代男性の7割がキャッシュレス決済を利用 「種類が多すぎる」との声も

 

■竹山は「お金を返すのは現金」

この日の番組では、財布を忘れた女性の代金を立て替えるも、電子マネーで返金され、損をした気分になったというエピソードを紹介。藤本美貴は「電子マネーもいろいろな種類があるから、その人が使ってない可能性もあるから、いきなり電子マネーでの返金は困るよね」と語る。

あまり電子マネーを使わないという千秋は「友達とご飯行くと、割と電子マネーでの割り勘があって…私は現金だからお金を渡そうとするとみんなから嫌な顔をされる」「みんなお財布持ってないし、小銭いらないって言われる」と明かす。

この千秋のエピソードに対し、番組MC・設楽統は「結構当たり前な感じになってるんだね」と驚いた様子。千秋は「なんかみんなお金触りたくないって感じみたいで、いつも使ってないっていうと『え〜』って言われる」と明かした。


■視聴者からは共感の声

今回の放送を受け、ツイッター上では「電子マネーって割と使ってる人多いよね」「自分が使ってないマネーで割り勘になると困る」といった視聴者からの感想が多数寄せられた。

また「めっちゃわかる〜支払いは現金がいいんだけど、電子マネーが便利なのもわかるし…」「電子マネー使ってないと疎外感を感じることがある」など、千秋が明かしたエピソードに対して、共感する声があがっている。

・合わせて読みたい→北斗晶、お年玉付き年賀状でまさかの当選 「5枚も当たるなんて」

(文/しらべぇ編集部・北田力也