普通のラーメン店と思いきや1キロ超えチャーハンを出すデカ盛り店 『新世』に驚き

一見普通のラーメン店と思いきや…凄まじいデカ盛りチャーハンの店に驚き

グルメ

2021/05/01 06:45

神奈川県川崎市で最近人気を呼んでいるラーメンチェーン『新世』。ラーメンも美味しいのだが、人気の秘訣はデカ盛りにあるという人もいる。


画像をもっと見る

 

■ラーメン中華食堂 新世

一見デカ盛りを出す店には思えない店構えだが、テイクアウト商品でもボリュームが凄まじいメニューがあるのだという。

そのメニューとは、チャーハン類で最高値の『チキンチャーハン』(860円)。普通盛りでもかなりのボリュームらしいが、大盛りにすると凄まじい量になるそうなので、あえて大盛りにチャレンジすることにした。


関連記事:4月に復活した大食いの聖地「光栄軒」 爆盛りチャーハンは感動すら覚えるレベル

 

■チャーハンだけで800グラム超え

テイクアウトで購入したチキンチャーハンは、なんと丼にチキンが入りきらないため、チャーハンとチキンの2つに分けて入れられている。

チャーハン単体でも容器の重さを入れて848グラムと、相当なボリューム。チキンのほうはどれぐらいかというと…


■チキンと合わせると1キロオーバー

こちらも容器の重さ込みで287グラム。チキン単体でも相当な量がある。

両方合わせると、なんと容器を抜いた状態で1090グラムと1キロ超え。ファミレスのライス普通盛りがだいたい200グラム程度と考えると、スゴい量だ。


■飽きの来ない計算された味

気になる味だが、チャーハンはオーソドックスな味なので飽きがこず、意外とボリューム満点でも余裕で食べ進められる。

それに比べカリッと揚げられたチキンは味が濃い目なので、チャーハン単体はマイルド、チキン単体は濃いめ、チャーハンとチキン一緒に食べるとちょうど良い味付けになり、3段階で楽しめるため飽きが来ない。デカいだけと思いきや、計算され尽くしたチャーハンであった。


【ラーメン中華食堂 新世 宮前店】

住所:神奈川県川崎市宮前区有馬2-8-1

・合わせて読みたい→町中華で安易に大盛りを頼んだら… 想像以上の「デカ盛り」に目が眩んだ

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(8枚)