スーツを着て出社したのに… 通勤時に起きた恥ずかしい失敗談

出勤するときには、余裕を持ちたいものである。しかし現実には時間がなく、あわてている人も多いものだ。

ビジネス

2021/05/02 18:30

急ぐサラリーマン
(NanoStockk/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

朝はなにかと忙しく時間がないため、通勤時にはあわてている人も多いものだ。そして焦る気持ちから、なにかしらの失敗を起こした人もいるだろう。



 

①目の前で電車の扉が閉まり…

「本来、朝は余裕を持って出勤するべきなのですが、少しでも長く寝ていたい気持ちが勝ってしまいます。つい先日も最寄り駅にいつもより遅れて着いたのですが、普段乗っている時間の電車にギリギリ乗れそうだったので、つい駆け込みました。


しかし目の前で扉が閉まって、電車に乗ることはできませんでした。周囲から冷たい目で見られていると思うと恥ずかしくなり、とりあえずホームの場所を移動して次の電車を待ちましたね」(40代・男性)


関連記事:20代女性の3割が「移動に電車使うのは避けたい」 満員電車が苦手で

 

②スーツにスニーカー

「会社に着くとすぐに、先輩に笑われました。なにがそんなにおもしろいのかと思い自分の足元を見ると、スニーカーを履いていたんです。いつもスーツを着て出社するので、たしかにおかしな姿。


しかも気づかないまま通勤していたのは、恥ずかしすぎます。ただ会社に代わりの革靴など用意していないので、その日はずっとスーツにスニーカーで過ごしました。外出がなくて、本当によかった…」(30代・男性)

次ページ
③駅の階段を踏み外す

この記事の画像(1枚)