静岡県内竜巻被害が東西に10キロ 地元県議に被害状況を聞いた

静岡県中部の竜巻で茶畑にも大きな被害が。関係者が頭をかかえる現状とは…

2021/05/02 14:00

牧之原市
(写真提供:大石健司さん)

1日夜に静岡県中部で発生した竜巻とみられる被害状況が、2日朝から明らかになってきた。午前11時現在牧之原市内では570戸が停電中。しらべぇ取材班は、関係各所から話を聞いた。



 

■全壊3棟などの被害

杉本基久雄牧之原市長は2日朝に、市内の被害が「東西の10キロに及ぶとみられる」とコメント。市危機管理課によると、午前11時現在、建物被害は全壊3棟、一部損壊40棟など、倒木は6カ所、通行止め9カ所、車横転5台、電柱倒壊16本の被害がでているという。

牧之原市
(写真提供:大石健司さん)

また、3人がガラスでけがをした。市役所では午前8時までに2回の対策本部会議を開催し、職員194人が休日出勤し対応にあたっている。すでに罹災証明書や被災証明書発行の受付も開始した。


関連記事:ゴールデンウィークの天気を気象予報士・千種ゆり子が解説 過去には竜巻発生の被害も

 

■当時渦をまいて飛んでいた

牧之原市吉田町選出の大石健司県議のもとには、被害の報告が続々と入っている。発生当時については「雨がやんだので洗濯ものをかわかそうと思ったら、竜巻だった」。

牧之原市
(写真提供:大石健司さん)

「カーテンをあけたら、いろいろなものが渦を巻いて飛んでいてこわかった。その後ガラスが割れて2階の屋根は飛んでいった」との声が寄せられている。

次ページ
■茶畑も大きな被害

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

お茶ケガ静岡県電柱ヒョウ牧之原市落雷千種ゆり子竜巻突風牧之原台地
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング