ニトリダイニング、公式サイトで触れられていない2つの「隠しメニュー」を味見してみた

あのニトリが出店するステーキレストラン事業。店で発見した第2の主役、ロブスター、ラムステーキのレベルはいかに?

みんなのグリル

4月27日、神奈川・相模原にステーキメインのファミレス「ニトリダイニング みんなのグリル」2号店がオープンしたことは既報の通り。

1,000円以下で食べられるリブステーキ、500円以下で食べられるチキンステーキなどリーズナブルな品書きが詰まった新店であるが、「ロブスター」、「ラムステーキ」(ともに990円)と意欲的な数量限定メニューも用意している。



 

■なにこの隠しメニュー!

「みんなのグリル」は、ニトリホールディングスのグループ会社であるニトリパブリックが手掛けるファミレス事業で、「ニトリのステーキ店」としても認知が広がっている。

3月18日、東京・梅島のニトリ内に1号店が誕生し、待望の2号店は相模原のニトリモール敷地内にできた。

みんなのグリル

いずれもリーズナブルな価格のメニューを揃えていることが特徴だ。店に行くと、メイン商品だけが紹介されたメニューのほか、「数量限定になりますが…」とおすすめスペシャルメニューのリストを渡された。

見ると、近隣のお店ではなかなかお目にかかれない「ロブスター」、「ラムステーキ」の文字が。

みんなのグリル

もらったチラシや公式サイトにこの2品の紹介は一切ない。なのにサイトにはなぜかロブスターの写真だけイメージショットのように使われている。なんで…?

「ははーん、この品書き、将来グランドメニュー化を考えているな」と勝手に妄想してた記者は、これらを味見することにした。っていうかしないと来た意味がない!


関連記事:いきなりステーキ跡地にニトリがステーキ店オープン 値段の差に衝撃

 

■ぷりっぷりロブスター

みんなのグリル

ロブスターはマヨネーズベースと思われるソースがたっぷりと塗られており、表面は焦げ目のつく程度に火が入れられ、中はふっくらと焼き上がっている。身は殻の中で4〜5切ほどカットされ、非常に食べやすい。

タイプでいえば「レッドロブスター」の黄金焼きに近く、あまりサイズが大きいロブスターではないのでコスパに関しては良いとは断言できないが、ぷりっぷりで身の詰まった海老はウマい以外の何物でもない。メニューにはシェアでも、と書かれているもののこれは自分へのご褒美に1人用として注文すべきだ。

そもそもレッドロブで食べる際はほかにステーキやパスタなども食べるわけで、合計金額は1人2,000円を軽く超えてしまう。それが全体的にリーズナブルなニトリダイニングで味わえるというのは非常に嬉しいポイント。

次ページ
■イチオシはラムステーキ