新郎の元妻が「養育費を払って」と結婚式を破壊 初耳だらけの過去に新婦は呆然

情報が漏れやすい今の時代、元カレ、元カノ、元夫、元妻などが結婚式をぶち壊す事件が増えている。  

話題

2021/05/04 20:50

結婚式・新郎・新婦・牧師・神父
(maximkabb/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

このほどジンバブエで結婚式を挙げた20代の男女。しかし、式は元妻により完全にクラッシュされた。新郎の過去をよく知らなかった新婦が強いショックを受けたことを、イギリスの『The Sun』『EMINETRA』などが報じている。



 

■新郎は新興宗教の預言者

ジンバブエの首都ハラレの南西部に位置するブディリロで、一組の男女が結婚式を挙げた。新郎のエゼキエル・ルファロ・チバサさんは25歳。新婦のタファヅワ・ムカンガンガさんは彼の子を身ごもっていた。

エゼキエルさんは、国際的な信仰宗教団体『レホボス・インターナショナル・ミニストリーズ(Rehoboth International Ministries)』に所属する「予言者」だという。


関連記事:夫と若い女との結婚式に本妻が乱入 「重婚なんて4人の子はどうなるの!」

 

■誓う相手が違う?

式は新婦の実家で執り行われ、美しくセッティングされた会場にはふたりを祝福しようと、親類、知人や友人などが集まった。そんな中、ふたりが牧師の前で永遠の愛を誓い始めたときに「事件」は発生した。

エゼキエルさんの元妻のジャクリーン・ムバンガミさんが会場に乱入。右手を挙げながら「ちょっと待った。誓う相手が違うでしょ」などと言い、ふたりに駆け寄ったのだった。その様子を撮影した者がいたため、動画も公開されている。

次ページ
■過去を隠していた新郎

この記事の画像(1枚)