『ゴゴスマ』気象予報士のミスに気付いた石井亮次 とっさのフォローに称賛

連休中の外出自粛が呼びかけられる中、気象予報士がつい口にした言葉を受け、石井亮次がフォロー。

テレビ

2021/05/04 04:00

(Didier Kobi/iStock/Thinkstock)

3日放送の『ゴゴスマ ~GOGO!Smile!~』(TBS系)に、フリーアナウンサーの石井亮次が出演。気象予報士のミスをフォローする一幕があった。



 

■「お出かけ日和」のひと言に…

番組後半の天気予報のコーナーで、気象予報士の沢朋宏氏が最新の情報を解説。同日は全国的に平年並みの気温を下回るところが多かったものの、4日は日中の気温が高いところも多く、沢氏は「連休中一番のお出かけ日和」とコメントした。

各地で連休中の外出自粛が呼びかけられる中、つい「お出かけ日和」と口にしてしまった沢氏。この言葉を受け、石井は「ついつい定型句で『お出かけ日和』って言っちゃいますけども、気をつけてくださいっていうことでしょうかね?」と気遣いながらフォローする。


関連記事:石井亮次、松本人志の年収を「15億円」と算出 本人の反応に驚きの声

 

■「そんなに落ち込まないで」とフォローも

自らのミスに気がつき「すみません」「本当にそうなんですよね…いかんですね…」と反省する沢氏の表情を見て、石井は「そんなに落ち込まないでください」とフォローを続けた。

同日も新型コロナウイルスの話題を扱っている同番組。視聴者の誤解を招かぬようにフォローした石井の対応に、SNSには「ナイスフォローだと思います」「石井さんの優しさを感じます」「さすが石井さん」など称賛の声が。

中には「これからは『(家で)洗濯日和』かなぁ」「お天気キャスターも、コメント大変やなぁ」とのリアクションも見られた。


■6割以上が「仲間のミスはカバーすべき」

石井のフォローが注目を浴びた同日の放送。ちなみに、しらべぇ編集部が全国20〜60代の仕事をしている男女761名を対象に調査を実施したところ、全体の62.5%が「仲間がミスをした時は誰かがカバーしてあげるべきだと思う」と回答している。

仲間のミスをカバーする?

ステイホームを徹底して同番組を見ていた視聴者にも、石井の気遣いが届いたことだろう。

・合わせて読みたい→3時のヒロイン、『グッとラック』のマザコン特集で述べた持論に反響

(文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日
対象:全国20代~60代の仕事をしている男女761名(有効回答数)