PCR検査を受けるときに「あると助かるもの」 阿佐ヶ谷姉妹が明かす

舞台の稽古が始まるため、PCR検査を受けたという阿佐ヶ谷姉妹の2人。受けたことがない人にとっては貴重な体験談に読者からも反響が。

エンタメ

2021/05/04 13:35


 

■人によって大変さが違う?

唾液によるPCR検査について、手術を受けるために、最近PCR検査を受けたという女性は、「検体を取る部屋に梅干しやレモンの写真が貼ってありましたが、とくにそういったものを見なくても、気合いで出しました」と話していた。

唾液を出すことを大変と感じるかどうかは個人差も大きい。結果が不安で思うように…という場合も想定される。もし、検査を受けることになった場合には、自分なりの唾液対策を考えておくと良さそうだ。


関連記事:モト冬樹、PCR検査結果を報告 「大丈夫なのはわかっていたけど」

 

■PCR検査を受けてみたい?

現在では、必要とする人が受けられるようになってきたPCR検査。ちなみに、しらべぇ編集部では2020年4月に全国の10代~60代の男女1,880名を対象に「PCR検査」に関する意識調査を実施。その結果、「PCR検査を受けたいと思ったことがある」と回答した人は、全体で4.8%ほどだった。

新型コロナウイルスのPCR検査を受けたいと思ったことがあるグラフ

無事に陰性であることが分かった阿佐ヶ谷姉妹の2人。個人の努力ではどうにもできない状況が続く中、無事に公演ができることを願うばかりだ。

・合わせて読みたい→コロナ抗体検査キット、約10分間で「過去の疑念」を払拭させる代物だった

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年4月24日~2020年4月27日
対象:全国10代~60代の男女1,880名(有効回答数)