豪の五輪参加は? 外交官が「全世界がワクチン接種するまで鎖国かも」

感染者の累計は29,850名、死者累計910名。オーストラリアの新型コロナ対策は極めて優秀だ。

社会

2021/05/05 09:30

オリンピック・五輪

新型コロナウイルスのパンデミックから逃れようと、オーストラリアが続けている「鎖国」の状況。いつどのような目安で解除されるのかについて、在米オーストラリア大使から気になる発言があった。イギリスのメディア『The Sun』『Mail Online』などが報じている。



 

■鎖国が続くオーストラリア

アメリカ・ワシントンD.C.にある在米オーストラリア大使館のアーサー・サイノディノス米国大使が、このほど米政策研究のシンクタンクである『ハドソン研究所』のオンラインフォーラムに参加した。

同大使は、「それにより国の経済に数十億ドル規模の損失を与える可能性があるが」と添えたうえで、オーストラリア政府には、全世界がワクチン接種を完了するまで国境を閉鎖しておくという考えがあることを漏らした。


関連記事:モト冬樹、大阪の感染急拡大に警鐘 「祈るしかないんだけど」

 

■水際対策では不十分

PCR検査や抗原検査などの検疫を強化しても、14日間の待機を要請しても、行動制限を設けても、変異株の流入は結局抑えられていない。

ワクチン接種が日本よりはるかに進んでいるアメリカですら、4月19日には国務省が「渡航中止勧告」の対象を世界の8割に拡大すると発表。水際対策の不完全さを思えば、これしかないのだろう。

一方、5月4日午後12時現在、オーストラリアにおける感染者の累計は29,850名、新規感染者9名、死者累計910名。厳しい州境閉鎖や鎖国といった措置がもたらした、すばらしい結果と言えるだろう。

次ページ
■「海外旅行は何年も先」