日本にも棲みついた外来種・マングースの恐怖 感染症から鼻・口・四肢を失った女性の例も

あるときマングースに咬まれた女性。感染症は敗血症に進行し、鼻、唇、両腕、両脚を失った。

話題

2021/05/06 10:30

マングース
(Utopia_88/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ハブ退治にと海外から導入され、沖縄や奄美大島などに棲みついた小型哺乳類のマングース。ただし、ハブ退治には役に立たず、在来生物である国の天然記念物、絶滅危惧種、希少種を捕食するなど、生態系にダメージをもたらしていることが問題になっている。

そして南アフリカ共和国には、そのマングースに咬まれて人生が狂ってしまった女性がいる。



 

■「感染症の怖さを知って」

南アフリカ・クワズール・ナタール州在住のシャニンリア・ヴィッサーさん(37)。彼女は2017年の事故から4年という今年4月、自身が経験したマングースによる恐怖の咬傷事故を世間に知ってもらおうと、『The ShanShow』というドキュメンタリー・トークショーを自主制作した。

その話題は南アフリカ共和国のメディア『Times LIVE』に取り上げられ、イギリスの『The Sun』『Mirror』なども紹介。世界中の人の関心を集めている。


関連記事:著名写真家が致死率高い「超多剤耐性菌」感染で死去 32kgも痩せ肺炎が重症化

 

■鼻、口、両腕と両脚を切断

ヴィッサーさんはマングースに咬まれた2日後に体調を崩し、「手と脚がジンジンと燃えているような感覚です」と訴えた。病院へ急いだが病状は敗血症に進行し、組織の壊死も始まった。

医師はヴィッサーさんを人工的な昏睡状態に置くと、鼻、唇、両腕、両脚を切断。「生存率は5%」と告げられたものの、彼女はそれを乗り越え、現在まで再建術など70回近い手術を受けている。

次ページ
■日本にもいるマングース

この記事の画像(1枚)