男性が利用中の仮設トイレを大木が直撃 過去には爆発や宙を舞った例も

仮設トイレにまつわるアクシデントは、意外なほど多い。過去には「まさか」という例も…。 

話題

2021/05/07 09:30

仮設トイレ
(PhoThoughts/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

仮設トイレで用を足している最中に災難に見舞われるなど、よほどウンが悪いとしか言いようがない。アメリカで、仮設トイレにまつわる恐ろしい事故が発生したことを『CBS Local/Pittsburgh』『WGNO/abc』などが報じている。



 

■仮設トイレを倒木が直撃

事故は、アメリカ・ペンシルベニア州の南部にあるゲティスバーグ国立軍事公園(Gettysburg National Military Park)で起きた。男性が駐車場にある仮設トイレを利用していたところ、強風により大木がなぎ倒され、1台の車と男性のいる仮設トイレを直撃したのだ。

トイレは歪み扉も開かなくなったため、パークレンジャーが通報。付近のボランティア消防団から、救助隊員が出動した。


関連記事:スマホをトイレに持ち込む人の「驚くべき言い分」 およそ5人に1人も…

 

■軽傷で済んだのは幸運

救助隊員はチェーンソーを使用し、まずは倒れている木を切って、車や仮設トイレに覆いかぶさった部分を除去。続いてトイレの扉を切断して、男性を救出したという。

30年にわたり各種の救助活動にあたってきたというベテラン隊員は、「あの状況では、男性が重傷を負ったとしても不思議ではなかった。ゲティスバーグ病院に搬送しましたが、軽傷とのことで非常にウンがよかったと思います」と語っている。

次ページ
■喫煙で爆発した例も

この記事の画像(1枚)