ビーガン女性がシーフードレストランを突撃 「魚の痛みが理解できるか」と騒ぎ物議

美味しい食事を楽しんでいた人たちが、店に入ってきたビーガン集団にいきなり激しく罵られた。

2021/05/07 11:30

魚・料理
(iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

動物性食品を口にしない生活を続けている女性が、シーフードが自慢のレストランに出没。そこで「魚だって生きたがっている」と大声で主張し客らを驚かせたことを、『LADbible』など海外メディアが報じた。



 

■怒りを爆発させた女性

つい先日のこと、オーストラリアの港町にある人気の高いシーフードレストランを、ある女性が仲間らと一緒に訪れた。

女性らの目的は店の魚料理を堪能することではなく、食事中の客らに抗議することだった。女性らはビーガン活動家で、魚を食べる人々を許すことができなかったのだ。


関連記事:胎盤スムージー動画に批判殺到のインフルエンサー 「そっちがイカれてる」と反論

 

■ビーガン女性の言い分

女性らは店の中を歩きまわり、椅子の上に立つなどしながら大声で客批判を展開。「食事中だぞ、黙ってくれ」と注意した男性にも食ってかかり、「撮影中よ、私に手を触れたら通報するわ」と逆ギレした。

女性の主張は「魚だって生きたがっているし、私たちと同じように痛みを感じるのよ」「海から釣りあげられるとき魚はストレスを感じるし、それは溺れる人の苦しみと同じ」というもの。さらに「ビーガンじゃない人は、大虐殺に加担している」という批判も繰り広げ、抗議活動の様子を撮影した動画をSNSで公開し、多くの人たちを驚かせた。

次ページ
■ネットユーザーは賛否両論

「楽天スーパーSALE」約200万点が半額以下&ポイント最大43倍 ふるさと納税でお得に

SNSレストランビーガンシーフード物議活動家翻訳記事虐殺
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング