麒麟・川島明、一押しマンガ『チ。』作者・魚豊に疑問 「天才ぶってるのかな?」

地動説を取り扱ったコミック『チ。』の作者・魚豊と初対面を果たした麒麟・川島明だが…

2021/05/07 07:40


 

◼天才ぶってる?

地動説を題材にする前に「知力と暴力、知と血をテーマにする予定だった。そこに地動説が加わり『チ。』しかないと思った」と明かした魚豊氏。「。」へのこだわりを聞かれ「自分でも理由はわからない」と告白、これに川島は「ちょっと天才ぶってるのかな?」と反応する。

さらに「マンガ家を目指したきっかけは中学1年生のときに見た『バクマン。』(集英社)」「鱧(ハモ)が美味しかったので漢字をわけて魚豊と名乗った」「当時は自分を天才だと思っていてすぐにデビューできると考えていたが、何作品送っても返事がなかった。郵便局が誤送していると本気で信じていた」とファンを驚かせる情報が次々に明かされていった。


関連記事:マンガ大賞2021ノミネート作品が発表 漫画愛好家の間では早くも受賞予想が

 

◼ファンも驚愕

謎多きマンガ家・魚豊氏の秘話に視聴者も衝撃。特に「13歳でマンガの投稿をはじめて現在は23歳」との回答には多くの感想が。

「魚豊先生23歳? まじか…」「23歳にしてあの漫画はスゴすぎる!」「魚豊先生23歳? こわ」と驚きの声が殺到。川島は「天才ぶっている」とイジったが、「魚豊先生って23歳かよ、マジ天才やん」と正真正銘の天才だと評する声も目立っていた。

・合わせて読みたい→川島明が夫婦喧嘩を回避している方法 「最強だろ…」と羨む視聴者続出

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

テレビマンガコミック川島明山内健司川島・山内のマンガ沼チ。ひゃくえむ。魚豊
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング