特定動物のアミメニシキヘビが逃走し行方不明 その危険性について横浜市に聞いた

法律改正前に許可を得た人々が「特定動物」を飼っている実態が明らかに。

2021/05/07 11:10


 

■法改正前から飼育していた

今回逃げられた男性は、法律改正前の2017年に横浜市の許可を得て、部屋でゲージに入れて飼っていたという。

この点について横浜市動物愛護センターは、「法律改正前に飼っていた人に対して、その動物を取り上げるわけにはいかないため、その個体に限り死ぬまで飼うことが認められている」と話す。

横浜市では、こういったケースを台帳管理しており、飼っている人、動物の種類、頭数などを把握しているという。


関連記事:1月から施行された「改正著作権法」 海賊版ダウンロードは刑事罰の対象に

 

■市教委と警察が連携して警戒中

また、逃げ出した場所の周辺には小・中学校が多くあるため、横浜市教育委員会は警察と連携して警戒にあたっている。

保護者にはメールを一斉送信し、「草むらや水辺に近づかないこと」など休日の過ごしかたについても注意喚起。下校時にも教員と警察で、児童・生徒を見守る方針だ。

・合わせて読みたい→無責任なブリーダーが「もうお手上げ」 50頭のハスキー犬を動物保護団体へ

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

法律動物愛護センター集合住宅アミメニシキヘビ教育委員会横浜市草むら戸塚区特定動物小中学校
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング