DeNAファンの店主が営む「バンバン番長」 ネギトロ丼の破壊力がとてつもない…

DeNAファンなら必ず訪れるべき「デカ盛り店」。看板メニューのクオリティが半端ではなかった。

グルメ

2021/05/08 05:15

横浜DeNAベイスターズの聖地といえば、「浜スタ」こと横浜スタジアム。最寄りはJR関内駅だ。

その関内駅の近くに、ベイファン御用達のデカ盛り店が存在するらしい。デカ盛りハンターの記者は、夢を追いかけるべく現地に向かった。


画像をもっと見る

 

■店内には三浦監督の…

バンバン番長

それは駅から徒歩6分ほどの場所にある「バンバン番長」。三浦大輔監督の愛称を店名に入れるなどベイスターズ色が強めで、看板もファンなら見覚えのあるデザインではないか。

バンバン番長

所狭しと有名人のサインと写真が並ぶ店内。その中心には、三浦監督が現役時代につけていた背番号18のサイン入りユニフォームが飾られている。


関連記事:DeNAドラ1、入江投手のコメント力が異常 会場を沸かせた一言とは…

 

■看板メニューのネギトロ丼はド迫力

バンバン番長

看板メニューは、ご飯の上にたっぷりとネギトロがのった「ねぎとろ番長」。写真がすごい。いや、名前もすごい。普通サイズ(1,100円)の他にも、4つのサイズが展開しているようである。

これは悩むべくもなく「最大サイズであるマリンタワー2サイズだ」と記者は直感的に思ったが、実はこの数十分後に浜スタでセレモニー関連の取材を控えていた。

「多分、慌てて食べて店を出るレベルじゃねえぞコレ」と悩んだ結果、大変妥協して1.5倍サイズの大盛り(1,160円)を注文することに。

バンバン番長

10分ほどで提供されたモノに衝撃を受けた。どう考えてもネギトロの量が多すぎやしないだろうか。2人前いや3人前以上のボリュームは軽くありそうだ。それにしてもウマそう…。

バンバン番長

横から見るとこの迫力がより伝わることだろう。タワーのよう、いや三浦監督のリーゼントのように盛り付けられており、どこから食べるのか正解が分からないぞ。

次ページ
■醤油なしでもかなりのウマさ

この記事の画像(11枚)