妻を殺そうと夫が食べ物に殺鼠剤を混入 母乳を飲んだ我が子も巻き添えに…

毒性の強い殺鼠剤で殺された妻と赤ちゃん。想像を絶する苦しみだったに違いない。

2021/05/09 04:00

赤ちゃん・母親・親子
(Ju Photographer/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

妻の殺害をたくらみ、食べ物に毒を混入した男。だが、彼女は我が子を母乳で育てていたため、それを飲んだ子供まで死亡したことを、イギリスの『Mirror』や『Daily Mail』などが報じている。



 

 

■別居をめぐり言い争い

昨年9月、ブラジル・サンタカタリーナ州で、ジョシエレ・ロペスさん(当時36歳)および彼女の生後3ヶ月の赤ちゃんが、急性毒物中毒により死亡した。

その後、警察はジョシエレさんの夫で、赤ちゃんの父親でもあるルイス・エディヴァルド・ソウサを逮捕。ジョシエレさんがソウサ容疑者を嫌い、別居を求めて言い争っていたことがわかっている。


関連記事:子犬に違法薬物を投与し急性中毒死 虐待動画を投稿した二児の母親を逮捕

 

■食後に突然の体調不良

事件当日、食後に突然の体調不良を訴えたジョシエレさんは、ソウサ容疑者に病院へ連れて行くよう頼み、赤ちゃんと3人で車へ乗り込んだ。しかし、妻と子は車の中で死亡。

ソウサ容疑者は、自宅があるイタペマから118キロほど離れたリオドスセドロスにある森に向かい、2人の遺体を遺棄したという。

その後、ジョシエレさんの長男(17)が「母と赤ちゃんが突然いなくなった」と警察に通報し、捜索により2人の遺体は発見された。司法解剖から、ともに死因は急性毒物中毒と判明している。

次ページ
■食べ物に殺鼠剤を混入
離婚夫婦母乳夫婦喧嘩別居毒殺翻訳記事殺鼠剤
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング




生きてない