隣人トラブルで牛糞の激臭攻撃 違法行為にならず行政や警察はノータッチ

堆肥となる前の牛糞は、ひたすら悪臭が漂う。それを隣家との境界線に山積みにするとは…。

臭い・悪臭
(Ake Ngiamsanguan/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

古今東西を問わず、 大なり小なり発生しているご近所トラブル。アメリカ・ミシガン州ではここ数ヶ月にわたり、それが発端でとんだ悪臭騒ぎが発生しているという。『WDRB-TV』『FOX2 Detroit』などが報じた。



 

■「嫌がらせじゃない」

騒動は、ミシガン州ウォッシュトノー郡のロディタウンシップという小さな町で、昨年から起きていた。敷地の境界線をめぐり隣家と口論した男性。その後、76メートルにわたる隣家との境に牛糞を大量に積み上げ、嫌がらせとも言える行為に出た。

問題は、積み上げられた牛糞がまだ生々しい状態で、とんだ悪臭を放っていること。そして男性が「牛糞は大事な肥料。まさに堆肥化させるところだ」と主張し、隣家への嫌がらせを否定していることだ。


関連記事:ご近所トラブルでキレた隣人が深夜の嫌がらせ 自業自得で指を失う悲劇に

 

■違法行為と認められず

隣家の主であるウェイン・ランバースさんは、「臭くて窓も開けられない」と通報。だが、現場の調査に向かった警察や行政の職員は、違法行為とは言えないと判断した。

男性は牛糞の山をギリギリ自分の敷地内に積んでおり、「近所迷惑ですよ」と男性に注意するのが精一杯だという。

『FOX2 News』の取材に、ランバースさんはあきれた表情で、「うちは祖父の代から1世紀以上この土地に暮らしています。境界線についてこんな形でもめるとは」と話している。

次ページ
■堆肥化は野原で行う作業

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

騒動悪臭境界線ご近所トラブル隣人トラブル堆肥翻訳記事垣根牛糞
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング