松本人志、コロナ対応が迷走する政府に率直な一言 「本当にそれ」と共感の声

『ワイドナショー』では新型コロナウイルスをめぐる政府のさまざまな対応がテーマとなった。

テレビ

2021/05/09 11:25

ダウンタウン・松本人志

9日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、新型コロナウイルスをめぐる政府の対応がテーマに。松本人志のコメントに、視聴者の注目が集まっている。



 

■「専門家は国民」

東京、大阪、兵庫、京都の4都府県への緊急事態宣言が5月末まで延長され、また愛知県と福岡県を12日から対象地域に加えることも決定するなど、いまだに収束の見通しが立たない昨今。

さらに多くの地域で医療体制がひっぱくしている中、五輪組織員会が開催期間中に看護師500人をボランティアとして派遣するよう要請したこともあり、政府への批判が加熱している。

こうした状況を受け松本は、有識者の集まる専門家会議に対し「(コロナ禍で)1年以上やってきて、今となっては専門家は国民。国民の意見を聞いたほうがよっぽどためになるんじゃないか」と皮肉交じりにコメントした。


関連記事:松本人志、五輪をめぐる自身のネットニュースに怒り 「一言も言ってない」

 

■松本がバッハ会長に電話?

さらに、結局のところ「(国民は)オリンピックがあることがモヤモヤしてるんですよ」としたうえで、「なんやったらバッハにおれ電話してもええで?」と身を乗り出す松本。

国とIOCの契約上、日本からは開催の可否について申し出ることができないとの意見が出ると、「いやでも、日本が悪いわけじゃない。コロナが悪い。賠償金なんて一切払わないよ(と伝えればいい)」と切り返していた。

次ページ
■「生活しているのは私たち」