友人と車に乗った10人に1人が… ドライブ中に遭遇する「揉め事」

楽しい友人たちとのドライブだが、中には頭を悩ませる切実な問題も…。全体の10.6%が経験していることとは…

2021/05/10 08:00


 

■県内の移動でお金を払わない友人

編集部が過去に配信した記事では、ドライバーを悩ませる事例も。車を出すことが多いという投稿者によれば、旅行など遠出の場合では「最初から割り勘で」と話しているため問題はないが、県内の移動の場合はガソリン代や高速料金を払わない友人がいるという。

他には「出かけるたびに毎回、車をアテにしてくるママ友」のケースも。ガソリン代の問題もあるが、それ以上に「乗せてもらって当然」のような図々しい態度が気に入らないと悩んでいるようだ。


関連記事:空飛ぶ自動車「ザ・トランジション」を米運輸当局2部門が承認 来年にも販売か

 

■「たかがガソリン代」は危険?

別の調査では、20代〜60代の男女1,348名のうち18.3%が「お金が原因で家族や友達との人間関係が悪くなった」と回答していることも判明。関係が近い人たちでも、お金はトラブル発展のもとになってしまう。

「親しき仲にも礼儀あり」の言葉があるように、たかがガソリン代とせずにしっかりと話し合うべきだろう。

・合わせて読みたい→マツコ、車の運転はゲームに近いと指摘 苦手な人は「取らないのも手」

(取材・文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年9月18日~2020年9月23日
対象:全国10代~60代の男女1,844名 (有効回答数)
コミュニケーション自動車人間関係ドライブ調査ガソリン
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング