杉村太蔵、東京五輪中止論に「誤解ある」と持論 運営のコロナ対策を熱弁

出場アスリートへの嫌がらせなど、開催中止派が多数を占めるといわれる東京オリンピック。杉村太蔵が、開催中止派に「心配しすぎ」と持論。

2021/05/11 02:20

杉村太蔵
(写真提供:JP News)

10日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、杉村太蔵が東京オリンピック中止を迫る一部国民に持論を展開した。



 

■東京五輪開催について議論

番組は陸上女子1万メートル代表の新谷仁美選手が、東京オリンピックの開催について複雑な心境を告白したニュースを紹介する。

武井壮は「選手は当然ですけど、オリンピックに出たいし、オリンピックでメダルを取りたいと思っていると思う。今この状況で、それを言うことがはばかられている」と分析。

そして「たくさんの人が楽しんで健康なうえで見てくれるから、仕事になってることだから。とにかく大きい大会だからやりたいってことだけを訴えるだけでは、開催を全員が良しっていう段階はもう過ぎたんだろうなって感じます」と話した。


関連記事:モト冬樹、東京五輪開催への危機感を吐露 「早く中止と言ってくれ」

 

■開催中止派に「誤解もある」

武井の意見を聞いた杉村は「コロナが感染拡大してますからね、オリンピックの気分になれないっていうのは、わからなくもないんですけども、オリンピック開催が感染拡大のリスクに直結しているんじゃないかっていう不安を抱えてる方々は誤解もあるんじゃないかな」と分析する。

そして、「選手には全員PCR検査をし、そしてワクチンも打って。東京都、大会関係者、ボランティアも含めてやると。競技場から選手村までの往復で、競技が終わったあと、ちょっと新宿で飲みに行くとかはなしになっていますよ」と東京オリンピックの感染症対策を口にした。

次ページ
■杉村は開催を望む

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

仕事杉村太蔵東京オリンピック誤解バラいろダンディ武井壮新型コロナウイルス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング