「このままじゃ政治に殺される」宝島社の新聞広告が話題 込めた想いを聞いた

東日本大震災後の「いい国つくろう、何度でも。」も大きな反響に。

2021/05/11 12:35

ファッション雑誌販売部数トップシェアの宝島社(東京都千代田区)は、11日の朝日新聞、読売新聞、日本経済新聞の朝刊3紙(全国版)に、企業広告「このままじゃ、政治に殺される。」を同時掲載。早くもSNS上で大きな反響となっている。


画像をもっと見る

 

■いまだに出口が見えない

宝島社は「新型コロナウイルスの蔓延から、すでに1年以上。しかし、いまだに出口が見えない。マスク、手洗い、三密を避けるなど、市民の努力にも限界がある。また、自粛が続き、経済は大きな打撃を受けており、厳しい孤独と直面する人も増えるいっぽう」。

企業広告
(画像提供:宝島社)

また、「医療の現場は、危険と隣り合わせの状態が続いている。真面目に対応している一人ひとりが、先の見えない不安で押しつぶされそうになり疲弊するばかり」と訴える。


関連記事:田中みな実、ぶりっこで嫌われていた時代に救ってくれた大物芸人を明かす

 

■怒りの声をあげるとき

さらに、「今の日本の状況は、太平洋戦争末期、幼い女子まで竹槍(たけやり)訓練を強いられた、非科学的な戦術に重なり合うと感じる人も多いのではないか」。

「コロナウイルスに対抗するには、科学の力(ワクチンや治療薬)が必要。そんな怒りの声をあげるべきときが、来ているのではないでしょうか」としている。

ネット上では、「良く言ってくれた!」「ほんとに政治に殺されている人がいる」「緊急事態宣言をだしておきながら、オリンピックはやる方向なのが理解不能」「政権中枢からは、危機感が感じられない」など、辛辣な意見が飛び交っている。

次ページ
■言われなくてもやってます

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

東日本大震災太平洋戦争ワクチン朝日新聞読売新聞日本経済新聞宝島社新型コロナウイルス竹槍クスリ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング