コロナ禍でアイスクリーム5万人分が余り「助けて!」 アイス店の悲痛な叫びを聞いた

例年約250万人来場の弘前さくらまつり。今年はその10分の1以下になってしまった。

2021/05/11 18:55

藤田アイス店
(写真提供:藤田アイス店)

コロナ禍で大きな影響を受けているのは飲食店だけではない。弘前市のアイス店では、弘前さくらまつり縮小の影響から、約5万人分が余ってしまった。しらべぇ取材班は、その原因について聞いた。



 

■例年の10分の1以下の来場者

弘前さくらまつりは、毎年4月23日から5月5日まで開催されて、通常期間中にさくらが満開となり約250から280万人が来場する一大イベントだ。しかし、昨年は新型コロナウイルスの影響から中止となり、今年も時間を短縮して開催した。

また、今年はさくらの開花が早く公園内は先月14日に開花。急遽4月17日から22日までを準まつり体制とし、でみせも出店させた。ところが19日には満開となり、本まつり中盤の29日には葉桜となってしまった。

さらに天候などの影響もあり、弘前市役所観光課によると今年の入場者数は約20万人と例年の10分の1以下になってしまった。これで大きな影響を受けたのが出店業者だ。


関連記事:桜の開花予想、東京は3月17日 桜YouTuberの気象予報士が楽しみ方も解説

 

■約5万人分が余ってしまった

藤田アイス店も例年通り一斗缶450缶(1缶約120人分)を準備し、まつりにのぞんだ。しかし、売れたのはたった20缶で、なんと約5万人分という壮絶な数のアイスが残ってしまった。

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

次ページ
■園内の食べ歩き禁止
イベントバナナりんご通信販売アイス青森県新型コロナウイルス弘前さくらまつり一斗缶
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング