28歳男が血染めのシャツ姿で警察に自首 母の日前日に「母親を殺して強姦した」

シャツを血で赤く染めた若い男が警察に自首。殺したのは実の母親だった。 

2021/05/12 10:30

母の日・母親・カーネーション
(kazoka30/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

アメリカのニューヨーク市で8日、若い男が警察署に出向き、「母親を殺した」と自首した。さらには「強姦もした」と供述。親子の関係をゆがませたものはいったい何なのか。恐ろしい事件の話題を、地元メディアの『abc7 New York』や『NEW YORK POST』などが伝えている。



 

 

■犯行について自首

ニューヨーク市警に現れ、「自宅で母親を殴った後に強姦し、首を絞めて殺した」と自首したのは、クイーンズ区ジャマイカのプシュカル・シャルマという28歳の男。そのシャツは真っ赤な血に染まっていた。

警察は親子の自宅に急ぎ、母親のソラジ・シャルマさん(65)の遺体を確認。現場の状況から、プシュカルの供述内容に疑わしい点はないという。


関連記事:養女を5年にわたり1000回近くも強姦 性的犯罪を繰り返す男の判決に注目集まる

 

■背後から母親を急襲

ニューヨーク市の地方検事当局によれば、事件は8日の朝8時から8時40分にかけて起きた。

プシュカル容疑者は「母親を背後から襲い、押し倒して激しく殴りつけ、首を絞めて意識を失ったところで性的暴行を加えた」「さらに首を強く締め、完全に息の根を止めた」などと供述しているという。

次ページ
■終身刑の可能性も

→【50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン 5月26日まで

母親息子母の日精神疾患殺人事件強姦性的暴行殴打絞殺終身刑自首翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング