幼児がAmazon操作し28万円分ものアイス購入 42人分のチキンが配達された例も

難しい用語や決済方法を理解できないが、クリックやタップは一瞬で完了。子供には注意が必要だ。

話題

2021/05/13 09:30

Amazon

アメリカの家庭に、突然918本ものアイスキャンディーが配達された。請求額はなんと28万円。オンラインショッピングの様子を子供がじっと見ていることに加え、アカウントは常にログインされている状態。これらの危険性をイギリスの『INDEPENDENT』などが報じている。



 

■突然届いたアイス

アメリカ・ニューヨーク州のある女性宅に、アニメキャラクターのスポンジ・ボブがデザインされた可愛らしいアイスキャンディーが、ある日突然918本もAmazonから配達された。

不思議に思った女性が購入者を確認すると、そこには娘のジェニファー・ブライアントの名が。ただちにジェニファーさんに連絡したが、「そんなものを購入した記憶は一切ない」という返事だった。


関連記事:ブラマヨ小杉が「通販で購入した商品」が明らかに 履歴にはダイエット本も

 

■28万円分の購入履歴

しかし、ジェニファーさんが自身のAmazonアカウントの購入履歴を確認すると、アイスキャンディーを購入しており、金額は2618.85ドル(日本円にして約28万円)と示されていた。

そこでジェニファーさんは、息子のノアくん(4)がスポンジ・ボブの大ファンであることを思い出した。ノアくんはパソコン上で大好きなスポンジ・ボブを見たかっただけだが、たまたま開かれたのがAmazonの商品ページだった。

そして適当に触っているうちに、28万円分ものアイスを購入する事態に発展してしまった。

次ページ
■シングルマザーで苦学生