だいたひかる、乳がん全摘出手術後に変わったことを実感 「腕って便利」

だいたひかるが13日ブログを更新し、5年前に医師から言われた言葉を実践した結果、左腕が進化を遂げたと語った。

エンタメ

2021/05/13 19:00

だいたひかる

お笑いタレントのだいたひかるが13日、自身のAmeba公式ブログを更新。自身の右乳房の全摘出手術後に5年かけて変わったことについて、告白した。



 

■左手で重い段ボールを…

だいたは「全摘後に変わった事」のタイトルでブログを更新。2016年に乳がんのため右乳房の全摘出手術を受けており、その際右腕が浮腫むのを防ぐため、あまり重いものを持たないように指導を受けたことを告白。

その後5年たつ現在、自然と右側の腕で重いものを持つことは避けていて、「その分左腕が力持ちになっているようだ」と語る。親へ送付する断捨離した調理器具などが入った段ボールを片手で持つ姿の写真を掲載した。


関連記事:柿を食べ過ぎた5歳児の胃に250グラムの「柿胃石」 破砕・摘出に驚きの9時間

 

■「腕って便利」

だいたは「腕って便利だなあ」と全摘出手術後に実感したと締めくくっており、左腕の進化により不自由なく暮らしている模様。通常乳房を摘出したほうの腕は上がりにくくなりリハビリが必要になるがうまくいっているようである。

医師に言われたとする「重いものを持たないように」もリンパ節を摘出するので、リンパ液がたまりやすくなり浮腫みやすくなるのを防ぐためだが、これは時間経過で軽減するものでないため、別の腕による補助が必要になる。だいたは5年間気をつけ続けたのだろう。


■ファンから驚きの声

ブログを読んだファンからは「たしかに人間の体って不思議ですね」「すごいなあ、感動です」と驚きの声が上がっている。

他には「無理はなさらないでくださいね」とだいたの体を心配する声も。ファンからは、右腕が使えない分左腕が力持ちになったとはいえ、片腕なので無理をしないようにと、優しく見守られているようだ。

・合わせて読みたい→性転換手術を受けた医師が不当解雇 物乞い生活を経て女性医師として再出発

(文/しらべぇ編集部・穂月心

この記事の画像(1枚)