疲れるけれど出世のために… 上司に媚を売った体験談4選

上司に気に入られるために、媚を売っている人もいるようだ。どのような行動でご機嫌をとっているのだろうか。

ビジネス

2021/05/14 10:30

ビールを注ぐ女性
(TAGSTOCK1/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

上司に気に入られることが、出世への近道だと思っている人もいるだろう。しかし必死に媚を売り、疲れてしまうパターンもあるようだ。しらべぇ取材班が体験談を聞いた。



 

①栄養ドリンクを差し入れ

「上司が遅くまで残業していた次の日に、栄養ドリンクをそっと差し入れたことがありました。上司の体を気遣ったのではなく、媚を売るためにした行動です。


その上司は自己主張の激しい人で、あまり好きではないんです。それでも上司に気に入られないと、自分の居場所がなくなってしまうのではと思い、いい顔をしてしまいます」(20代・男性)


関連記事:30代男性の2割が「同性からセクハラ」 やたらと体を触る先輩に嫌な気持ちに

 

②鍛えた体を褒める

「うちの部署の上司は、体を鍛えるのが趣味なんです。鍛えた体を見せつけたいのか、よく上着を脱いだり腕まくりをしたりしています。そこまでされて、無視するわけにはいきません。


はっきり言って上司の体には興味がないのですが、『鍛えられていて、すごいですね』など褒めています。少し面倒ですが、それで上司からの評価が上がるのなら…」(20代・女性)

次ページ
③すべての愚痴に同意する

この記事の画像(1枚)