『5時に夢中』大橋未歩が持つ“動物的な勘” 視聴者から納得の声

テレビ東京への就職を両親から反対されるも、自身の「動物的カン」で決めた大橋未歩。じつは『5時に夢中!』への出演を決める際にも…

テレビ

2021/05/14 04:30

大橋未歩
(写真提供:JP News)

フリーアナウンサーの大橋未歩が、13日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演。テレビ東京に入社した際の自身の選択について語り、視聴者から納得の声があがった。



 

■「動物的な勘」はあると思う?

この日の番組では、「動物的な勘」があるかどうかについて議論。番組MC・垣花正がたびたびヒョウのコスプレをしている作家・岩井志麻子氏に「やっぱ志麻子さんは動物的勘があるんじゃないですか?」と質問する。

番組で男性関係を暴露している岩井氏は「ないようである気がしてます」とコメント。続けて、「絶対私に男を見る目があるとは思わないと思うんだけど、必ず後で笑い話とかネタとかになってるし、いい思い出になってる。ひどい目に合わされたり、立ち直れなくなったりしてないから、決定的なババは引いてないんだよね」と説明した。


関連記事:大橋未歩、テレ東時代に言われた“罰” 「視聴率が悪い曜日のアナウンサーは…」

 

■テレ東就職を反対されるも…

この流れで話を振られた大橋は、「私、人に対しては勘が働かないんですけど、所属する場所とかに対してはちょっとあるんじゃないかな」と漏らす。大橋は、2012年にテレビ東京に新卒で入社する際、他局で内定をもらっていたそう。両親はテレビ東京への入社を反対していたが、大橋は「こっちが合っている」と思い、テレビ東京に入社したと振り返る。

さらに、『5時に夢中!』への出演を決めたときのことを回顧し、「始めにお話をいただいた時に事務所は難色を示したんですけど、私は絶対、合うんじゃないかと思って。来てみたら、結局、沼にハマってしまいました」と笑顔で語った。


■視聴者からは納得の声

今回の放送を受け、ツイッター上では「テレ東反対されたの笑う」「事務所は5時に夢中の出演微妙だったんだね」といった視聴者からの感想がつぶやかれていた。

また「確かに大橋さんはテレ東で正解だった」「5時に夢中もピッタリだよね」など、大橋の「動物的な勘」に対し、納得の声があがっている。

・合わせて読みたい→老ける自分を受け入れられない女性 大橋未歩が放った言葉に「名言」の声

(文/しらべぇ編集部・北田力也