登坂淳一アナ、赤ちゃん用品の消費量に驚く 「夫婦で試行錯誤しています」

“はじめてづくし”の育児に日々奮闘中の登坂淳一アナ。昨日はまさかの出来事も…

エンタメ

2021/05/14 14:35

登坂淳一

NHK出身でフリーアナウンサーの登坂淳一が14日、自身のAmeba公式ブログを更新。ミルク缶や紙オムツの消費の早さに驚いたことを明かした。



 

■50歳手前でパパに

登坂アナといえば、19年に結婚した一般女性と1年間の不妊治療を経て、第1子となる女児を授かった。今年4月8日にブログを開設し妻の妊娠を発表。

そして同月28日の正午に無事出産したことを報告し、そのときの様子を「“白髪のパパ”になりました」「こんな幸福感は、初めてです」と生まれたばかりの娘を抱っこする自身の画像とともに載せている。


関連記事:登坂淳一アナ、待望の第一子女児誕生 「白髪のパパになりました」と喜びの報告

 

■「ミルクとオムツをこんなに使うとは」

そして14日、『消費量に驚き』とのタイトルでブログを更新した登坂。

紙オムツとミルク缶を抱きかかえて悩んでいるかのような表情の画像を載せ、「ミルクは大きい缶がすぐになくなります」「オムツは多いときで1日に10枚以上使うことも」とし、「ミルクとオムツをこんなに使うとは」と驚いた様子をつづった。

また先月パパになったばかりで、ストックをどのくらい買っておけば良いのか加減が分からないとも。「夫婦で試行錯誤しています」と明かしている。

また登坂家では哺乳瓶の煮沸に電子レンジを使っているそう。5分で簡単に殺菌できるので「ミルクの回数が増えても安心だなぁと」思っていたところ、昨日電子レンジの底面が割れていることが発覚。「痛い出費が…」と漏らしていた。


■子育ての先輩たちからアドバイスも

今回の投稿に同じく子育て中と思わしき読者からのコメントが寄せられた。「買いだめ大切です」「楽天でミルクもオムツもまとめ買いしてます。重いしかさばるからネットが便利です」などと日々育児に切磋琢磨している登坂に優しくアドバイスする声が見受けられた。

予想だにしないハプニングに見舞われながらも、初めての育児を楽しんでいる登坂。ブログではミルクやオムツ替え、沐浴と“はじめてづくし”を経験しながら、“新米パパ登坂アナ”の成長がうかがえる。

・合わせて読みたい→登坂淳一アナ、夫婦で取り組む不妊治療を説明 女性のほうが「検査が圧倒的に多い」

(文/しらべぇ編集部・植野春香