「父の日のケーキを食われた」 楽しみ奪った息子を殴殺した男が罪を認める

たかがケーキ、されどケーキなのか…。食べるのを楽しみにしていた父親が、取り返しのつかない凶行に及んだ。

2021/05/15 13:30

チーズケーキ・ケーキ・男性
(monkeybusinessimages/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

楽しみにしていたケーキを子供に食べられた男が、怒りにまかせて制裁を加え無残にも死なせてしまった。あまりにも食い意地のはった男の蛮行、そして裁判の予定などについて、『New York Post』など海外メディアが報じている。



 

 

■ケーキを食べられて激怒

2019年6月のこと、アメリカ・ウィスコンシン州ミルウォーキーで暮らす男(30)が、父の日に食べるチーズケーキを手に入れ胸を弾ませた。それを見た幼い子供たちも興奮し、男に無断で味見をしたところ、あっという間にほぼ食べ尽くしてしまった。

楽しみを奪われた男は「俺のチーズケーキを勝手に食いやがって…」と逆上し、複数いる子供のうち5歳の息子に本気で殴りかかった。


関連記事:小学校で保護者が壮絶な夫婦喧嘩 教師の前で妻を殴った男に実刑判決

 

■すさまじい暴行

男はこぶしを振り上げ、息子の体にパンチを炸裂。手の甲で、小さな顔面を容赦なく叩いた。慌てた家族が通報し病院に搬送したが、手遅れで息子は死亡。検査したところ胃が破裂しており、腎臓や胸骨などにもひどい傷ができていた。

警察に事情を聞かれた男は、「息子が階段から落ちてしまって…」と嘘をついた。しかしけがの状態とまるで一致せず、別の子供の証言もあったことから、身柄を確保された。

次ページ
■有罪を認めた父親

→Amazonプライム会員だけが参加できる! 年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

父親ケーキ父の日暴力チーズケーキ好物ネグレクト有罪食い意地翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング