「格好が恥ずかしい」と妻は赤面 ある男性の思いきった禁煙法が再び話題に

妻に「あなた、それは恥ずかしい」と言われても、強い決意で“ある禁煙法”を試した男性がいた。

2021/05/15 10:30

禁煙・タバコ
(Tevarak/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

タバコは健康を害する可能性がある。そう分かっていても難しいのが禁煙だが、ある男性は「やるしかない」と決意。驚くような方法で禁煙を試みたこと、またその方法が今も一部の喫煙者の間で話題になっていることを、海外メディア『LADbible』が報じた。



 

■家族の死で禁煙を決意

トルコで暮らすある男性は16歳の頃に喫煙を始め、いつの間にかニコチンに依存するようになった。自分でも「体に悪い」と考え禁煙を試みたこともあったというが、そのたびに失敗に終わったのだという。

しかしあるとき父親が肺がんと診断され、闘病の末に死亡。それを機に男性は健康をさらに意識しはじめ、家族のためにも喫煙は絶対にやめようと決意した。


関連記事:紙タバコよりも「IQOS」のほうがクサい? SNS上で議論が相次ぐ

 

■大胆すぎる禁煙法

タバコを吸いたくても吸えない環境が必要だと考えた男性は、フルフェイスのヘッドギアのようなものを用意。ワイヤー製で、鍵を使わなければ取り外せないよう工夫してあった。

それを頭からすっぽりかぶった男性は妻に鍵を渡し、どうしても外す必要がある場合のみ鍵を開けてもらったとのこと。家族、とりわけ妻は夫がそのような格好で仕事にまで通うことを「恥ずかしい」と感じたというが、何度も禁煙に失敗した夫のために協力したという。

次ページ
■再び話題に…
喫煙タバコ禁煙家族話題出勤肺がん翻訳記事ヘッドギアフルフェイス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング