「100円やるから頭を叩かせろ」 同級生のいじめがエスカレートし12歳少年が死亡

クラスで人気者だった男の子がいじめの被害に。そこには嫉妬心などもあったのだろうか。

社会

2021/05/15 14:00

100円・100円玉
(laymul/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

アメリカでこのたび、12歳の少年がいじめにより死亡した。加害者は複数の同級生たちで、金銭と引き換えに暴力を加えていた。そんな許しがたい話題をイギリスの『Mirror』や『The Sun』などが報じている。



 

 

■「1ドルやるから叩かせろ」

アメリカ・ニューヨーク市で7日、ロミー・ビルサントくんという12歳の少年が、学校でのいじめが原因で死亡した。加害者の生徒たちはロミーくんに、「1ドル(約109円)やるから頭を叩かせろ」と告げ、拒否させず、お金を渡すと頭や背中を叩くようになった。

次第にエスカレートし、あるとき頭に飛び蹴りをくらったロミーくんが倒れ込んだ。それが致命傷になったと考えられている。


関連記事:いじめ動画を見たネットユーザーが加害者を特定し報復に走る 「絶対に許さん!」

 

■いとこにいじめを打ち明ける

死亡する前日、ロミーくんは学校で激しい頭痛を訴え、しばらく保健室で休んでいた。そんな中、いとこのロッドウィニー・イグザンタスくんには、同級生からの暴力について悩みを打ち明けていたとのこと。

ロッドウィニーくんはメディアの取材に、「今月5日と6日に、2人の同級生から背中と頭に激しい飛び蹴りを受けたと言っていた」と話している。ところが、校長が加害者の生徒たちに事情を尋ねたところ、誰もが「あいつは1ドルがほしかったんだ」と答えたという。

次ページ
■学校は病院へ連れて行かず

この記事の画像(1枚)