「行くな」と止める声は届かず… 炎上する家に残された愛犬救出を試みた女児が死亡

優しく愛情深い女の子にとって、かわいがっていた犬は家族。救いに行くことに迷いはなかったようだ。

社会

2021/05/16 08:00

火事
(gemenacom/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「燃え盛る家の中に、大事にしている犬がいる…」。それに気づいた小学6年生が家に飛び込んだまま帰らぬ人となったことを、アメリカのメディア『New York Post』などが報じた。



 

 

■突然の火災発生

アメリカ・フロリダ州で暮らしていた小学6年生のライリー・バイスラーちゃん(11)は、ペットの世話もせっせとこなし、優しく愛情深い女の子だったという。

そんなライリーちゃんが母親と暮らす自宅で、ある日いきなり火災が発生。同宅を含む2軒が炎上したが、ライリーちゃんはすぐに外に飛び出し無事だった。

だがその直後、ライリーちゃんは驚いた様子で燃え盛る家に向かって駆け出した。気づいた隣人らが「ダメだ」と大声をあげたがライリーちゃんは聞かず、そのまま家に飛び込んでしまった。


関連記事:炎上する家で熟睡中の飼い主を起こしに走り… 脱出を見届けた愛犬2匹が焼死

 

■少女の死

大人たちが救おうと試みたが、ライリーちゃんは逃げ出すことができず、自宅で死亡した。死因は煙による一酸化炭素中毒だったとみられている。

ライリーちゃんが燃える家に入ったのは、飼っていた生後7ヶ月の子犬2匹を救うためだった。火災の原因については不明だが、当局は「事件性はない」との見方を発表している。

次ページ
■遺族のコメント