「アルコール提供し通常営業します」と掲示した日本料理店 店主の想いを直撃

沈んだ世の中に明るい話題を提供したい。そんな店が1軒あってもいいのではないか。

2021/05/16 17:05


 

■結果も出口も見えない

星野氏は、「緊急事態宣言で良い方向に向かうのであれば、いくらでも協力する。しかし、結果も出口もみえない。また、飲食業界が何かのはけ口になっているように感じる」と話す。さらに、「たたかれるのは覚悟だが、たたかれても守るべきものがある」と熱く語る。


関連記事:都内の人気弁当店が飲食店支援を開始 「余った食材買い取ります」の意図を直撃

 

■豪華弁当が完売

星乃では、ゴールデンウィーク中、1個5,800円の豪華テイクアウト弁当を販売したが、用意した79個すべて完売したという。


「こういうときだからこそ、おいしいものを食べたいというニーズがあることが良くわかった」と星野氏。また、「皆さんが好きなお店に、ぜひ行ってあげてほしい。『助け合いの精神』があることが、日本人の誇り」と話す。

さらに、「沈んだ世の中に明るい話題を提供したい。そんな店が1軒あってもいいのではないか」と述べた。

・合わせて読みたい→『グッとラック』自粛要請に従えない店舗の本音 志らくは「いくらなんでも酷」

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

弁当アルコール葛飾区東京都テイクアウト老舗ニース新型コロナウイルス緊急事態宣言日本料理星乃
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング