『松阪牛』正しくは何と読む? 約7割もの人が間違えている可能性あり…

極上の霜降りが特徴で、高級和牛として知られる『松阪牛』。普段、人々が何と読んでいるか調べてみたら…。

2021/05/19 05:30

まつさかうし

日頃使っている言葉の中には、じつは読み方や表記が誤っているものも。しらべぇ編集部がツイッターで実施した調査においても、多くの人が誤った読み方・表記を覚えてしまい、そのまま使ってしまっている言葉の1つが判明した。



 

■『松阪牛』は何と読む?

しらべぇ編集部が2021年5月17日から18日にかけて、「『松阪牛』を何と読んでいるか」ツイッター上でアンケート調査を実施したところ、280票の回答を得ることができた。

松阪牛/松坂牛


最も多かったのが「まつざかぎゅう」で全体の42.5%。次いで「まつさかうし」と「まつざかうし」がともに23.2%、「まつさかぎゅう」と答えた人は11.1%という結果に。人によってかなり読み方にバラつきがあることが分かった。


関連記事:焼肉ライクで500円「松阪牛」の味をジャッジ 注文条件に困惑するも…

 

■この中で正しいものは2つ

しかし、産地である三重県松阪市は「まつざかし」ではなく「まつさかし」であり、松阪市の松阪牛協議会公式ページによると、「まつさかうし」と「まつさかぎゅう」が正しい読み方とのこと。

また、「まつざかぎゅう」や「まつざかうし」といった表記は、誤りであることがはっきりと記されていた。

今回ツイッター上で行なった調査において、「まつざかぎゅう」や「まつざかうし」と読んでいた人の割合をそれぞれ合わせると、全体で65.7%、じつに約7割もの人が誤った読み方・呼び方をしていたことになる。


■「今後は気をつけます」

これまで、まさしく「まつざかぎゅう」と読んでいたと話す50代女性は、「えぇ、そうだったんですか!? 恥ずかしい…」と愕然。

同じく「まつざかぎゅう」と読んでいた20代女性も、「松阪牛を食べたことはありませんが……」としつつ、「人の名前と同じくらい、地名を間違えることは失礼かも…。今後は気をつけます」と話していた。

日常で使う身近な言葉で「正しいと思っていた表記や読み方が、じつは誤りだった」というものは、この他にもまだまだありそうだ。

・合わせて読みたい→今さら聞けない『珪藻土』って何と読む? ニトリなどが商品を自主回収

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

ツイッター漢字調査三重県松阪市松阪牛霜降り肉
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング