『ベルセルク』作者の逝去で「連載再開」がトレンド入り 勘違いするファン続出

『ベルセルク』の作者・三浦建太郎さんが逝去。悲しみの声が溢れる中、「未完の大作」が続々とトレンド入りしている。

2021/05/20 18:15

ハンター×ハンター

20日、漫画『ベルセルク』の作者・三浦建太郎さんが、2021年5月6日に亡くなったことを白泉社のヤングアニマル編集部が公式ツイッターで伝えた。悲しみの声が溢れる中、インターネット上では“あるマンガ”が話題になっている。



 

■『ベルセルク』作者三浦健太郎さんが逝去

この日、ヤングアニマル編集部はツイッターで「三浦先生の画業に最大の敬意と感謝を表しますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします」と追悼し、「なお告別式はご家族にて執り行われました」と報告。

三浦さんは、『ヤングアニマル』にてダークファンタジー漫画『ベルセルク』を1992年から長期に渡って連載。最近では1月に第363話を更新後、休載としていた。


関連記事:月曜朝にトレンド浮上した「連載再開」 『ジャンプ』読者を絶望に叩き落とす結果に

 

■未完の大作が続々とトレンド入り

元々休載の多い漫画として知られていた『ベルセルク』。三浦さんの訃報を受けて、ツイッターでは「未完の大作」といったワードがトレンド入りを果たした。

これに関連して、現在未完かつ長期休載をしている『HUNTER×HUNTER』『ガラスの仮面』『王家の紋章』といった作品が続々とトレンド入りする事態となっている。


■勘違いするファンが続出

『HUNTER×HUNTER』がトレンド入りすると、それに伴いファンたちが「『HUNTER×HUNTER』が連載再開する」と勘違いすることもしばしば。今回も例に漏れず、「連載再開」のワードがトレンド入りしており、「ハンターの連載再開かと思った」「いつも通りだけど、ちょっとびっくり」といった声があがっていた。

ツイッター上では「ハンターファンはめちゃくちゃ焦ってる」「頼むから冨樫、完結させてくれ」「HUNTER×HUNTERは結末が見たいんだ…」といったファンからの心配の声が多数寄せられている。

・合わせて読みたい→人気漫画『呪術廻戦』作者の急病により休載発表 公式ツイートに注目集まる

(文/しらべぇ編集部・北田力也

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

マンガベルセルクガラスの仮面ヤングアニマルHUNTERXHUNTER王家の紋章未完白泉社三浦健太郎
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング