加護亜依、アイドル時代の恋愛事情を暴露 「大好きだった」お相手とは

モーニング娘。時代、ファザコンだったという加護亜依が、片思いをしていた男性を告白。初めての恋愛は…。

エンタメ

2021/05/20 22:25

加護亜依
元モーニング娘。のメンバーでタレントの加護亜依が20日、雨上がり決死隊・宮迫博之のYouTubeチャンネル『宮迫ですッ!』に出演。宮迫を目の前に、アイドル時代の恋愛事情を赤裸々に語った。



 

■「大好きだった」相手とは

2000年、12歳という若さでグループに加入。同期の辻希美らと結成したミニモニ。などで人気を博し、16歳で卒業した。アイドルにとって恋愛は御法度だが、加護は「恋愛? してないですって言えないです」と現役時代を振り返る。

ファザコンだったという彼女は、モー娘。の生みの親であるつんく♂のマネジャー・小川さんに、片思いしたことも。当時37歳だった小川さんを、12歳だった加護は「大好きだった」と、ぶっちゃけた。


関連記事:加護亜依を悲しみから救った夫の一言に反響 「言われてみたい…」

 

■小川さん以外にも…

さらに、「1番最初に業界に入って初恋した人」についても言及し「昔、『FUN』っていう番組があったのを覚えてます?あれのプロデューサーだった藤井さん」と暴露。藤井さんに関しても「大好きだった」と懐かしむ。

宮迫は、存在を認知しているようで「有名なプロデューサーさんよね。すごい年上が好きやったんや」と目を丸くした。

次ページ
■歌手と恋愛