40代男性の3割が赤の他人と口論 向こうが悪いのにキレられて…

人とのトラブルは、なるべく避けたいもの。知らない人と口論になるのは、どのような理由があるのだろうか。

人間関係

2021/05/22 20:00

人との口論は、気力を消耗するものだ。できれば避けたいことであるが、中には赤の他人と口論した経験がある人もいるようだ。


画像をもっと見る

 

■「赤の他人と口論に」2割程度

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,798名を対象に調査したところ、全体の19.2%が「赤の他人と口論になったことがある」と回答した。

赤の他人と口論になったことがあるグラフ


関連記事:ご近所トラブルでキレた隣人が深夜の嫌がらせ 自業自得で指を失う悲劇に

 

■知らない人に絡まれて

性年代別では、40代男性が一番高い割合になっている。

赤の他人と口論になったことがある性年代別グラフ

知らない人に絡まれて、口論になった人も。

「電車を降りてホームを歩いていると、知らない人がいきなり肩をつかんできた。そしてよくわからない文句を言ってきたので、こちらもだんだんと強い口調になってしまった」(40代・男性)


タクシーを利用していて、運転手とトラブルになった人もいるようだ。

「思いっきり道を間違えたのに、運転手は謝るどころか逆ギレしてきた。その態度に我慢できず、車内で激しい口論になった」(30代・男性)

次ページ
■イラッとしても我慢

この記事の画像(3枚)