ズボンのポケットに入れて洗濯し… 28億円当選の宝くじを水の泡にした女性が話題

それは当選者の人生最大のミスだったが、人々には大きく貢献できたのかもしれない。

2021/05/22 11:30

一万円札
(gyro/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

今から6ヶ月前、アメリカ・カリフォルニア州の宝くじで、驚きの高額当選者が出ていた。あるコンビニエンスストアで販売されたこともわかったが、当選者が現れないまま換金の期限が切れてしまったという。

夢のような大金を、なんともうかつなミスで逃していた可能性があると、『CBS News』『ロサンゼルス・タイムズ』などが報じている。



 

■店には販売者の報酬が入る

昨年11月14日、アメリカ・カリフォルニア州宝くじ協会は、26ミリオンドル(日本円にして約28億円)という驚きの当選者を出していた。

ガソリンスタンド兼コンビニエンスストア『am/pm(エーエム・ピーエム)』のノーウォーク市イースト・インペリアル・ハイウェイ店で販売されたもので、店はその宝くじを販売した報酬として、約1,400万円を受け取っていた。


関連記事:洪水被災で苦労した20代男性が歓喜 スクラッチ宝くじ当選で億万長者に

 

■換金期限の180日以内を超過

州宝くじ協会はこのほど、肝心の当選者の申し出がないまま、180日という換金の期限を迎えたことを発表。『NBC News』が伝えたそのニュースに、州民たちは「ああ、何ともったいないことを…」と驚いた。

だが宝くじを販売したコンビニがある地元では、むしろ大騒ぎになった。店の常連客は、宝くじを購入した客の話を知っていたのだ。

次ページ
■ズボンを洗濯機に…
寄付洗濯宝くじズボン洗濯機ガソリンスタンドコンビニエンスストアホゲット報酬当選者カリフォルニア州うっかりミス翻訳記事当選金期限切れ痛恨のミス換金
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング