ズボンのポケットに入れて洗濯し… 28億円当選の宝くじを水の泡にした女性が話題

それは当選者の人生最大のミスだったが、人々には大きく貢献できたのかもしれない。

2021/05/22 11:30


 

■ズボンを洗濯機に…

常連客たちはただちに、ロサンゼルスの大手メディア数社に新しい情報を寄せた。「購入者は女性。ズボンのポケットに宝くじを入れたまま洗濯し、ボロボロにしてしまったそうだ」「せっかく当たったのに、あまりにも無念だと店員に嘆いていたらしい」という内容だった。

店の防犯カメラの映像で女性の姿を確認できても、宝くじの数字まではわからず、当初は半信半疑だった常連客たち。だが当選者が現れないため、彼女の話は徐々に信ぴょう性を増していたという。


関連記事:新型コロナ病棟で活躍する看護師 宝くじで1億円当選するも「詐欺かと思った」

 

■教育、公立学校に役立てることに

州宝くじ協会は当選金について、子供たちの教育、公立学校に役立ててもらうようにと、手数料などを引いた約21万ドルを州教育局に寄付すると説明している。

州民の間では「これは痛恨のミス」「人生最大のうっかりミスだ」などと話題になっている。しかし公費に寄付されると知って、「ありがたい」と感謝する者も多いようだ。

・合わせて読みたい→高額宝くじがキャリーオーバーで500億円超に 9月から当選者現れず

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

寄付洗濯宝くじズボン洗濯機ガソリンスタンドコンビニエンスストアホゲット報酬当選者カリフォルニア州うっかりミス翻訳記事当選金期限切れ痛恨のミス換金
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング