今振り返れば黒歴史… 調子に乗っていたと思う自分の不快な行動4選

人間関係では、謙虚な気持ちが大切である。調子に乗っていると、反感を買ってしまうこともあるからだ。

人間関係

2021/05/22 12:30

ハッピーな表情
(airdone/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

人間関係では、謙虚な気持ちが大切である。しかし周囲が見えなくなると、不快な行動をしてしまう人もいるようだ。しらべぇ取材班が「調子に乗っていたと思う自分の不快な行動」について聞いた。



 

①モテるので浮気ばかり

「大学の頃はイケメンと言われて、とにかくモテていたんです。若かった僕は調子に乗って、付き合っている彼女がいながら他の女性とも浮気を繰り返していました。


さらには彼女にバレても反省もせず、開き直って逆ギレするというひどいことをして…。今は見た目が衰えたこともあり落ち着いていますが、あの頃の自分は本当に嫌なやつだったと思います」(30代・男性)


関連記事:周囲からは確実に悪印象なのに… 「人のせいにしてしまう」3割も

 

②結婚が早くて優越感

「仲のいい友達の中で、結婚が一番早かったのが私でした。その頃の私は結婚することに酔っていて、気持ちがハイになっていたんです。そのために、友達に失礼な発言をたくさんしました。


『こんなに幸せになれるのだから、みんな早く結婚すればいいのに』など、今考えると大きなお世話なことを平気で言っていたんです。キレずに聞いてくれていた友達に、今では感謝しています」(30代・女性)

次ページ
③意識高い系で他人を見下す

この記事の画像(1枚)